FC2ブログ
        

いじめと学校との戦い(10)

2020/ 09/ 07
                 
昇降口で体育教官数人のお出迎え。

モンスターペアレント扱い。

それでも後には引けない。

子供だって毎日無くしたものをみんなで探しているときに嫌な思いをしている。

担任、部活顧問、NO.2との面談開始。

探しているが見つからないという通り一遍の回答。

いたずらではなく、窃盗であることを話す。

しまいにはNO.2がキレる。

「警察呼べばいいじゃないですか。」

「そうですね、最初からそのほうがスッキリすると思っていました。

やはり第三者である警察にお願いしたほうがよいですね。」

NO.2は顔色を変えて、

「ちょっと待ってください。」

別に返してほしいわけではなく、見つかったって捨てるだけと伝える。

トイレの便器でも側溝でもいいから、家から持ってきて投げ捨ててほしい。

それだけで良いのです。

それが相手が何かを考えるきっかけになるかもしれない。

そうではなくても、面倒な親だからもうやめようでもよい。

求めているのはそれだけと伝える。

その思いは伝わるのか?

つづく
スポンサーサイト



                 

コメント