FC2ブログ
        

いじめと学校との戦い(9)

2020/ 09/ 04
                 
何度も無くなったものを探してと要望するが適当な対応が続く。

そして期限の日が来た。

上長と会ってほしいの一点張り。

しかも、親が学校に来いと言う。

おそらく、来る勇気はないだろうという思惑。

相手の陣地に一人で向かうしかない。

上長との面談を承諾。

仕事が終わった夜間に学校を訪問。

薄暗い昇降口で待っていたのは、屈強な体育教官数名が列をなす姿。

モンスターペアレント対策か、出ばなをくじくクレーマー対策か。

覚悟を持った親にはかえって闘志を燃やさせる逆効果であることを知った。

学校とはこういうところなのか?

そしてもうひとつを知る。

夜間に学校の近くを自転車で嗅ぎまわる見たことのある生徒。

つづく
スポンサーサイト



                 

コメント